2017年第3戦における罰金適用について

BMAでは2016年、2017年における富士スピードウェイでの全損事故の重大性をかんがみ、2017年BMWCUP第3戦において以下の事項を適用させていただきます。

車両同士の全損または人的被害となる(可能性含む)ような接触事故の行為者(原則後続車両)には、事故の内容・行為の内容を精査したうえで50万円以下の罰金を科することがあります。

これは、事故がもたらす危険を少しでも軽減できるようになるための措置として認定ショップとの協議の結果の措置となります。

ご参加くださる皆さまには、モータースポーツが楽しい場でいられるよう、どうかご協力のほどお願い申し上げます。

 

BMA代表 高田敬久

 

Comments are closed.